ミノキシジルタブレットを女性が飲むとどうなる?危ないぞ

ミノキシジルタブレットは基本的に男性用の発毛剤で女性にはおすすめできません。女性が飲むと思わぬ副作用に悩まされるかもしれません。
MENU

女性にミノタブはおすすめできません。代わりに・・・

ミノキシジルタブレットは通称「ミノタブ」として親しまれることもある内用薬ですが、開発された当初は血圧降下剤として使用されていました。血圧降下剤というのは、高血圧の方が血圧を自然に下げることを目的とする薬のこと。血圧が低い方や、平均的な血圧の場合は降下剤を使用する必要はありません。

 

この降下剤に、発毛を促進するという効果が発見されて以降、「ミノキシジルタブレット」として育毛分野にも広く名前が知られるようになりました。

 

ミノタブは女性にはNG

 

すでに女性でもミノタブを愛用されている方もいらっしゃるかと思いますが、実は女性とミノタブの相性はあまり良くありません。

 

ミノタブを女性におすすめしない理由

基本的に、女性はミノキシジルタブレットは服用できないとされています。AGA外来を受診しても、女性の薄毛は男性の薄毛とは根本的に原因が異なるため、別の方法で育毛をするように勧められます。

 

ミノタブを使うと、血圧の急激な降下によるさまざまな体の不調のほか、低血圧症やめまい、ふらつき、しびれ、息切れなどの症状を抱える可能性があります。

 

男性にも同じ症状が出ることがありますが、女性の方が低血圧への耐性が少ない場合が多いので、ミノタブを安易に使用するのは避けた方が良いのです。

 

また、ミノタブを使うことで頭髪だけでなく、ワキや脚など全身の毛が発毛し、ムダ毛の手入れのリスクまでアップしてしまいます。ミノキシジルは毛包に働きかける成分なので、どんな毛でも生えやすくしてくれるのです。美肌を意識されている女性ならば、薄毛治療でかえって剛毛が密集するのでは本末転倒です。全身の毛が濃くなっていくと、見た目の問題にも関わってきてしまいます。

 

ミノタブは全身の毛が濃くなる

 

従って、ミノキシジル以外の薬を使うなどして、女性の体質に合った薄毛治療を選び直す必要があります。

 

また、むくみの問題も非常に深刻です。血圧降下薬として使われてきたミノタブは、血管を拡張させて血液の濃度を低下させます。

 

この時、体は血液濃度を元の正常値に戻そうとして水分を細胞に排出するので、水が体のいたるところに溜まっていき、水太りを起こします。これを外から見たときに「太った」と見られてしまうのです。

 

女性におすすめな育毛剤はミューノアージュ

ミノキシジルタブレットは正規に厚生労働省から認可された医薬品ですが、妊娠中や授乳中の女性の摂取は固く禁じられています。発毛が期待できるとはいっても、ミノキシジルを内服することで胎内のお子さんに与える影響は計り知れません。

 

同様の理由として、妊娠中の女性はフィナステリド錠を使うことも禁じられています。成分を吸収し、それが胎児の体に回ると、副作用の影響を与えてしまう可能性があるからです。

 

特にフィナステリドは男性ホルモンに働く作用を持っているので、胎児のホルモンバランスを崩してしまい、奇形が現れてくるリスクもあるのです。

 

女性におすすめの育毛剤には「ミューノアージュ」があります。ミューノアージュは1剤と2剤に分けられている2種類の育毛剤の総称で、1剤がスカルプエッセンス、2剤が薬用育毛剤となっています。

 

ミューノアージュ育毛剤

 

まず1剤で毛の奥の毛母細胞を活性化させ、これによって髪が育つ頭皮環境を整えていきます。さらに2剤で活性化された頭皮の毛母細胞を刺激し、さらにたくましい髪の毛を育てます。

 

ミューノアージュには着色料や鉱物油などの人工的な添加物は一切使用されていません。フィナステリドやミノキシジルが使えなくても、安心してお肌に必要な栄養素を届けながら、育毛を続けることができます。

 

 

ミューノアージュ育毛剤

 

副作用のない育毛剤ならこれ!

フィンジア

フィンジア

キャピキシル配合のフィンジアは、今話題のキャピキシルに加え、ピディオキシジルとカプサイシンをブレンドした最新の育毛成分満載の育毛剤です。
キャピキシルという育毛成分は、副作用がなくミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われている成分で、安全で効果の期待できるものです。ミノキシジルタブレットに賭けてみようと思っている薄毛の方にピッタリの育毛剤です。

また、ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれている成分で、ミノキシジルの副作用をなくしたミノキシジルに近い構造となっています。

つまり、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルのデメリットをそぎ落とした現在、発毛効果が最も期待できる成分です。この二つの成分を絶妙な配合をしているのがフィンジアという育毛剤です。

実際、ミノキシジルタブレットからフィンジアに乗り換えて薄毛を改善できたというユーザーもたくさんいますので、期待のできる育毛剤です。


フィンジア




ミノキシジルタブレットはプロペシアと併用することで発毛効果を高めると言われていますが、ミノキシジルもプロペシアも副作用が重篤でとても危険です。

そこで、私がミノキシジルタブレットをやめてフィンジア育毛剤に乗り換えた時に、フィンジアの効果をより高めるために併用している育毛サプリがあります。

併用すると期待値アップ!育毛サプリ

GUNGUN

フィンジアとGUNGUNを併用するとグッド

育毛サプリGUNGUNは、ノコギリヤシが配合されています。ノコギリヤシは、副作用がなくプロペシアに近い効果を発揮すると言われていて、人気の高いサプリメントです。
しかも、ノコギリヤシは薄毛の原因である5αリダクターゼを阻害する作用があります。フィンジアはミノキシジルタブレットの発毛効果を副作用がないものに変え、GUNGUNはプロペシアの副作用がないもの、というイメージを持っていただければわかりやすいと思います。

外側をフィンジアで、内側をGUNGUNで育毛していけば、鬼に金棒といった感じです。

実際、私はこの二つを長年使い続けていますが副作用を感じたことは一度もありませんし、薄毛もミノキシジルタブレットを飲んでいたころよりも改善することができています。(個人の感想です)

GUNGUNの詳細はこちら



フィンジアの詳細はこちら



メニュー

運営者情報

このページの先頭へ