ミノキシジルタブレットが効かない人もいます

ミノキシジルタブレットは誰でも髪の毛が生えてくる魔法の薬ではありません。効かない人もいます。ミノタブは効かない人はどうすればいいでしょうか?
MENU

効かない人もいる?記事一覧

私もそうですが、ミノキシジルタブレットを飲んでも噂に聞いていたほど髪の毛に変化が出ない人は少なくありません。なぜ、最強の発毛剤とまで呼ばれているミノキシジルタブレットが効かないのか?それには、いくつかの理由があると思います。すでに毛根が死んでいるこのタイプの人はおそらくどんな育毛剤を使っても手遅れの状態かもしれません。見た目的には、芸能人のモト冬樹さんのような頭皮をしている人は、もう毛根が死滅して...

薬剤を飲み続けると、体が薬に慣れてしまい、効き目が低下する「薬剤耐性」と呼ばれる症状が起きる場合があります。薄毛治療に用いられる成分「ミノキシジル」の内服薬であるミノキシジルタブレットは、使用から3ヶ月〜1年程度で発毛効果が現れますが、効果が出る前に薬剤耐性が起きてくると少々厄介です。薬剤耐性ってなに?だんだん効かなくなるの?同じ薬を繰り返し飲み続けて体に「抵抗性」ができ、薬剤の効果が低下すること...

ミノキシジルタブレットは通称「ミノタブ」として親しまれることもある内用薬ですが、開発された当初は血圧降下剤として使用されていました。血圧降下剤というのは、高血圧の方が血圧を自然に下げることを目的とする薬のこと。血圧が低い方や、平均的な血圧の場合は降下剤を使用する必要はありません。この降下剤に、発毛を促進するという効果が発見されて以降、「ミノキシジルタブレット」として育毛分野にも広く名前が知られるよ...

メニュー

運営者情報

このページの先頭へ