ミノタブの副作用B「肝機能障害」

ミノキシジルタブレットは薬ですので肝臓で代謝されます。肝臓に異常がある方はミノタブを飲まないことをおすすめします。なぜ、肝機能障害が起こるのか解説しています。
MENU

ミノタブを飲むと肝機能障害になるって噂は本当?

ミノキシジルタブレットは経口薬ですので口から水などと一緒に服用します。

 

薬などを飲むと、肝臓は解毒をしようと働きます。肝臓が処理をしきれなくなれば、当然、肝機能に障害が出る可能性があります。

 

肝臓の役割は、体の毒素を無害にすることですので、ミノキシジルタブレットのような劇薬が体内に入ってくれば無害化しようと頑張って働きます。

 

しかし、ミノキシジルタブレットは毎日飲み続けなけれな効果が持続しませんので、肝臓も毎日ミノキシジルを無害化しなければなりません。

 

これは、アルコールを毎日飲んでると体調が悪くなるのと同じ原理ですね。

 

肝機能障害のリスクを考えよう

 

お酒を毎晩、大量に飲めば肝臓はアルコールを処理するために働きます。でも、肝臓が疲れてしまって無毒化できなくなってしまえば肝臓が機能しなくなり、脂肪肝や肝硬変といった病気になってしまいます。

 

ネット上を検索していくと、ミノキシジルタブレットを飲みだしてから、肝臓の数値が上がってしまい服用を中止しなければならなくなったという声もあります。

 

なので、ミノキシジルタブレットも肝臓に負担をかけます。もちろん、その人の体調や体の強度により、必ずしもすべての人が肝機能障害になるとは限りませんが、確実にリスクとして付きまとうものですよね。

 

一ヶ月間、ミノキシジルタブレットを飲み続けても肝機能障害にはならないかもしれませんが、5年間毎日ミノキシジルタブレットを飲み続ければどうなるかはわかりません。今がよければそれでいいという考え方はなるべくしないようにしてほしいものです。

 

また、日ごろからアルコールをよく飲むという人は、それだけでも肝臓に負担をかけていると考えられます。そこに、さらに肝臓をいじめるミノタブを投入すれば、確実に寿命を縮めてしまうのではないでしょうか?

 

自分は肝臓は強いから大丈夫と思っている人ほど注意が必要です。

 

私も体力には自信がある方でしたが、ミノキシジルタブレットを飲んで4ヶ月で肝臓が悪いと診断されました。

副作用のない育毛剤ならこれ!

フィンジア

フィンジア

キャピキシル配合のフィンジアは、今話題のキャピキシルに加え、ピディオキシジルとカプサイシンをブレンドした最新の育毛成分満載の育毛剤です。
キャピキシルという育毛成分は、副作用がなくミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われている成分で、安全で効果の期待できるものです。ミノキシジルタブレットに賭けてみようと思っている薄毛の方にピッタリの育毛剤です。

また、ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれている成分で、ミノキシジルの副作用をなくしたミノキシジルに近い構造となっています。

つまり、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルのデメリットをそぎ落とした現在、発毛効果が最も期待できる成分です。この二つの成分を絶妙な配合をしているのがフィンジアという育毛剤です。

実際、ミノキシジルタブレットからフィンジアに乗り換えて薄毛を改善できたというユーザーもたくさんいますので、期待のできる育毛剤です。


フィンジア




ミノキシジルタブレットはプロペシアと併用することで発毛効果を高めると言われていますが、ミノキシジルもプロペシアも副作用が重篤でとても危険です。

そこで、私がミノキシジルタブレットをやめてフィンジア育毛剤に乗り換えた時に、フィンジアの効果をより高めるために併用している育毛サプリがあります。

併用すると期待値アップ!育毛サプリ

GUNGUN

フィンジアとGUNGUNを併用するとグッド

育毛サプリGUNGUNは、ノコギリヤシが配合されています。ノコギリヤシは、副作用がなくプロペシアに近い効果を発揮すると言われていて、人気の高いサプリメントです。
しかも、ノコギリヤシは薄毛の原因である5αリダクターゼを阻害する作用があります。フィンジアはミノキシジルタブレットの発毛効果を副作用がないものに変え、GUNGUNはプロペシアの副作用がないもの、というイメージを持っていただければわかりやすいと思います。

外側をフィンジアで、内側をGUNGUNで育毛していけば、鬼に金棒といった感じです。

実際、私はこの二つを長年使い続けていますが副作用を感じたことは一度もありませんし、薄毛もミノキシジルタブレットを飲んでいたころよりも改善することができています。(個人の感想です)

GUNGUNの詳細はこちら



フィンジアの詳細はこちら



メニュー

運営者情報

このページの先頭へ