ミノキシジルとロキソニンの併用は絶対にやめとけ!

ミノキシジルタブレットの副作用で頭痛が起こったとしても頭痛薬と併用することはしてはいけません。特に、ロキソニンなどの作用の強い薬との併用は絶対に避けるべきです。
MENU

ミノタブの副作用で頭痛がしてもロキソニンは飲まないように!

市販の育毛剤に比べ、強力な発毛効果があるとされるミノキシジル。特に内服薬は一定期間飲み続けることで、薄毛が改善されたという報告が数多く寄せられています。

 

しかしその一方で副作用のリスクも存在します。

 

ミノキシジルと非常に相性が悪いとされる頭痛薬については、事前に飲み合わせないよう細心の注意を払うようにしましょう。

 

ミノタブと頭痛薬の併用はダメ!

 

ミノキシジルとイブプロフェンは相性悪い?

ミノキシジルには、発毛をうながす強い作用があります。外用薬で発毛を促進することもできますが、内服すれば成分が直接体内に吸収されるので、ミノキシジルの効果が強く現れます。

 

しかし内服薬は慎重に使用を続けなければ、育毛剤に比べて副作用のリスクがさらに高まるおそれがあります。

 

内服薬の中でも、特に相性が悪い組み合わせが「イブプロフェン」という成分です。

 

イブプロフェンは解熱鎮痛作用を持ち、頭痛薬におなじみの成分です。製品としてはエスエス製薬の「イブ」が特に有名で、偏頭痛などの痛み止めに使用されています。

 

ミノキシジルを開発したファイザー製薬によると、イブプロフェンは「併用禁止薬」と定められており、ミノキシジルを内服しながらイブプロフェンを含む医薬品を使うことは禁止されています。

 

ファイザー製薬の医薬品説明書によると、ミノキシジルとイブプロフェンを併用すれば、重篤な問題が引き起こされる可能性もあるということです。

 

ミノタブを飲んで頭痛がしても頭痛薬は絶対ダメ!

ミノキシジルを内服すると、血管拡張作用によって体内の血流が促進されその結果、頭痛が起きる場合があります。

 

頭痛がする男性

 

ズキズキと音がするような、脈打つような頭痛が起きた場合、それはミノキシジルの副作用の可能性があります。血管が一時的に拡げられて、血流の拍動に合わせてまわりの神経に刺激が伝わり、痛みが引き起こされていると考えられます。

 

通常の偏頭痛とは違って、副作用としての頭痛であるため、ロキソニンなどイブプロフェンを含む頭痛薬は絶対に併用しないよう注意してください。

 

イブプロフェンは多くの頭痛薬や風邪薬に含まれていますので、うっかり併用してしまわないように注意が必要です。

 

仮にミノタブの服用によって頭痛が起きてしまった場合でも、頭痛を鎮めようとしてイブプロフェンを併用すると、思わぬ症状が起きる可能性があります。

 

頭痛が起きても我慢するか、ミノキシジルの服用を中止してからしばらくして頭痛薬を服用するなどして、併用を避けるように工夫してみてください。

 

どうしても頭痛薬を使用したい場合は、一時的にミノキシジルの服用を中止しましょう。また、頭痛薬を日常的に服用している方は、医師と相談のうえでミノタブを使用しましょう。

 

最近ではミノタブが気軽にインターネットから手に入れられるようになったため、うっかり併用禁止薬と知らずに飲んでしまうケースが増えています。

 

個人輸入経由で薬を購入・服用する場合は、副作用のリスクを十分に把握したうえで使用しなければなりません。

 

また、風邪薬や鎮痛剤を服用する場合は、ミノキシジルを配合した育毛剤を使用する方法もあります。外用薬なら副作用の心配はほとんどありませんし、市販薬との併用も可能です。

 

ミノキシジルは長く続けることで効果が現れてくる成分です。

 

内用薬として服用するのがもっとも確実な方法ですが、飲み合わせのリスクが高いのも事実です。副作用が心配な場合は育毛剤を使うなどして工夫をしてみてください。

副作用のない育毛剤ならこれ!

フィンジア

フィンジア

キャピキシル配合のフィンジアは、今話題のキャピキシルに加え、ピディオキシジルとカプサイシンをブレンドした最新の育毛成分満載の育毛剤です。
キャピキシルという育毛成分は、副作用がなくミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われている成分で、安全で効果の期待できるものです。ミノキシジルタブレットに賭けてみようと思っている薄毛の方にピッタリの育毛剤です。

また、ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれている成分で、ミノキシジルの副作用をなくしたミノキシジルに近い構造となっています。

つまり、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルのデメリットをそぎ落とした現在、発毛効果が最も期待できる成分です。この二つの成分を絶妙な配合をしているのがフィンジアという育毛剤です。

実際、ミノキシジルタブレットからフィンジアに乗り換えて薄毛を改善できたというユーザーもたくさんいますので、期待のできる育毛剤です。


フィンジア




ミノキシジルタブレットはプロペシアと併用することで発毛効果を高めると言われていますが、ミノキシジルもプロペシアも副作用が重篤でとても危険です。

そこで、私がミノキシジルタブレットをやめてフィンジア育毛剤に乗り換えた時に、フィンジアの効果をより高めるために併用している育毛サプリがあります。

併用すると期待値アップ!育毛サプリ

GUNGUN

フィンジアとGUNGUNを併用するとグッド

育毛サプリGUNGUNは、ノコギリヤシが配合されています。ノコギリヤシは、副作用がなくプロペシアに近い効果を発揮すると言われていて、人気の高いサプリメントです。
しかも、ノコギリヤシは薄毛の原因である5αリダクターゼを阻害する作用があります。フィンジアはミノキシジルタブレットの発毛効果を副作用がないものに変え、GUNGUNはプロペシアの副作用がないもの、というイメージを持っていただければわかりやすいと思います。

外側をフィンジアで、内側をGUNGUNで育毛していけば、鬼に金棒といった感じです。

実際、私はこの二つを長年使い続けていますが副作用を感じたことは一度もありませんし、薄毛もミノキシジルタブレットを飲んでいたころよりも改善することができています。(個人の感想です)

GUNGUNの詳細はこちら



フィンジアの詳細はこちら



メニュー

運営者情報

このページの先頭へ