ミノキシジルタブレットの正しい服用量とは?飲み過ぎに注意!

ミノキシジルタブレットの正しい服用量とは?ミノタブはたくさん飲めば効くわけではありません。正しい量を適切なタイミングで飲むことも大切です。ハゲを早く治したいからと大量に飲むのはやめましょう。
MENU

正しい認識を!ミノキシジルタブレットの量を間違えると危険!?

ミノキシジルのタブレットは、含有量によって3種類に分けることができます。育毛効果を早く得るためには、含有量の高いものを飲み続けることがベストとされますが、その分高いリスクも伴います。

 

ミノタブは2.5mg、5mg、10mgの3種類

ミノタブにはもっとも含有量の少ない2.5mg、2倍の含有量である5mg、さらに2倍の10mgのタブレットが存在します。

 

胃腸が弱い方や、副作用が不安な場合は2.5mgから飲み始め、徐々に含有量を増やすと良いとされています。

 

2.5mgで効果がみられる場合には、無理に5mg以上に用量を増やす必要はなく、そのまま2.5mgを飲み続けて問題はありません。

 

 

初心者は2.5mgから始めよう!

初めてミノキシジルのタブレットを服用する場合は、副作用のリスクを考えて2.5mgから始めるのがおすすめです。5mgや10mgにすると高い効果が期待できますが、一方で副作用が強く出るおそれもあります。

 

ミノキシジルの一日の必要摂取量は特に決められていませんが、上限値である10mgを守って服用することが大切です。10mgを超えてしまうと、副作用である頭痛や吐き気、悪心などが出るおそれがあり、それ以外にもさまざまな症状が出る可能性があります。

 

ミノキシジルはたくさん摂取すれば効くというわけではありませんし、2.5mgのタブレットでも十分効き目を期待することができます。

 

5mgや10mgで具合が悪くなった時は、2.5mgに減らして様子を見るか、一時的に服用を中止することもできます。

 

反対に、ミノキシジルが効かないからといって10mgを超えて用量を増やすのは体に大きな負担をかけるため避けましょう。

 

摂取量を増やす際は、服用の回数を一日の中で数回に分けたり、1錠を半分に割って服用するなどの工夫を行い、肝臓への負担を減らしてみてください。1錠を分割して服用することで、体への副作用を減らすことができます。

 

20mg以上飲むのは自殺行為だからやめとこう!

ミノキシジルの一日の上限値は10mgと言われていますが、中には20mgや100mgという意見もあります。

 

しかし20mg以上を服用することは肝臓や胃腸への負担となりますし、将来的に副作用が強く出るおそれもありますので、最大でも一日に10mg程度にとどめることが大切です。

 

20mg以上を摂取すると、発毛効果が期待できる一方で慢性的な偏頭痛に悩まされたり、強い眠気に襲われる可能性があります。

 

これらの肉体的なリスクを考えると、ミノキシジルはたくさん飲めば良いということではなく、体調や肉体的なリスクを第一に考えて、工夫して飲み続ける必要があります。

 

ミノキシジルには内服薬のほかに外用薬もありますので、10mgの内服薬でも発毛が見込めない場合は、外用薬を併用するのも一つの方法です。

 

ミノキシジル以外の育毛剤も併用する

ミノキシジルの内服薬は、かつては高血圧の治療薬として使われてきました。副作用も強く、育毛アイテムというよりも「医薬品」として扱うべきものです。

 

高い育毛効果が期待できる反面、飲み続けることで体調への悪影響のリスクも十分に考えられます。

 

1年以上継続して飲み続ける場合は、外用薬(育毛剤や育毛効果のあるシャンプーなど)や、他の副作用がないサプリメントなどとの併用をしていくことも視野に入れながら、体調を考えながら上手にミノキシジルと付き合っていく必要があります。

副作用のない育毛剤ならこれ!

フィンジア

フィンジア

キャピキシル配合のフィンジアは、今話題のキャピキシルに加え、ピディオキシジルとカプサイシンをブレンドした最新の育毛成分満載の育毛剤です。
キャピキシルという育毛成分は、副作用がなくミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われている成分で、安全で効果の期待できるものです。ミノキシジルタブレットに賭けてみようと思っている薄毛の方にピッタリの育毛剤です。

また、ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれている成分で、ミノキシジルの副作用をなくしたミノキシジルに近い構造となっています。

つまり、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルのデメリットをそぎ落とした現在、発毛効果が最も期待できる成分です。この二つの成分を絶妙な配合をしているのがフィンジアという育毛剤です。

実際、ミノキシジルタブレットからフィンジアに乗り換えて薄毛を改善できたというユーザーもたくさんいますので、期待のできる育毛剤です。


フィンジア




ミノキシジルタブレットはプロペシアと併用することで発毛効果を高めると言われていますが、ミノキシジルもプロペシアも副作用が重篤でとても危険です。

そこで、私がミノキシジルタブレットをやめてフィンジア育毛剤に乗り換えた時に、フィンジアの効果をより高めるために併用している育毛サプリがあります。

併用すると期待値アップ!育毛サプリ

GUNGUN

フィンジアとGUNGUNを併用するとグッド

育毛サプリGUNGUNは、ノコギリヤシが配合されています。ノコギリヤシは、副作用がなくプロペシアに近い効果を発揮すると言われていて、人気の高いサプリメントです。
しかも、ノコギリヤシは薄毛の原因である5αリダクターゼを阻害する作用があります。フィンジアはミノキシジルタブレットの発毛効果を副作用がないものに変え、GUNGUNはプロペシアの副作用がないもの、というイメージを持っていただければわかりやすいと思います。

外側をフィンジアで、内側をGUNGUNで育毛していけば、鬼に金棒といった感じです。

実際、私はこの二つを長年使い続けていますが副作用を感じたことは一度もありませんし、薄毛もミノキシジルタブレットを飲んでいたころよりも改善することができています。(個人の感想です)

GUNGUNの詳細はこちら



フィンジアの詳細はこちら



メニュー

運営者情報

このページの先頭へ