ミノキシジルタブレットで体重が増加したときの対処・改善法

ミノキシジルタブレットを服用すると、細胞の間に水が溜まり、むくみが出ることがあります。そのせいで体重が増加することもありますので、その対処法をご紹介します。
MENU

ミノタブでむくんだ→顔パンパン→体重増加!どうすればいい?

ミノキシジルには高い血管拡張作用があり、血流の低下による薄毛に効果が高いとされています。

 

ただし、強力な発毛効果が期待できる一方で内服薬としてタブレットを服用する場合には、副作用に注意しなければなりません。

 

ミノキシジルタブレットで体重が増える理由

ミノタブで体重増加

 

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)は、一定期間服用し続けることで高い育毛効果を発揮します。

 

含有量の多いものほど発毛効果が期待できますが、一方で副作用のリスクもアップし、むくみや体重増加が起きやすくなるという問題があります。

 

ミノタブを摂取すると、余分な水分を体外に排出する利尿作用が低下し、体に水分が蓄積されやすくなります。水分排出がうまくいかなくなると、体に水分が増えていき、水太りになって体重が増加してしまうのです。

 

体重増加を遅らせるにはストレッチやマッサージが重要

ミノタブを服用して体重が増えてしまったら、副作用を第一に疑ってみてください。そしてできるだけ早くに服用を中止し、利尿作用が元に戻るまで様子を見ます。

 

利尿作用が低下したまま放置していると、むくみや体重増加がさらに悪化する可能性がありますので、薄毛以外のトラブルにもつながってしまいますので、早めに医療機関を受診しておくと安心です。

 

ミノキシジルの発毛効果を期待して、そのままタブレットを服用し続ける方も多いのですが、副作用が起きた場合は薬が体に合っていない可能性があります。

 

その際はミノキシジルを配合した育毛剤など、外用薬に替えるなどして育毛の方法を変更してみてください。

 

体重の増加を少しでも遅らせるために、循環をアップさせる事もできます。ウォーキングやジョギングなどのスポーツはもちろん、ストレッチやマッサージなど、自宅でできる代謝アップ方法もむくみ防止に有効です。

 

日常的に運動をしている場合は、そのまま運動量を減らさずに続けていきましょう。

 

逆に運動をほとんどしていない方の場合は、ミノキシジルを使うことによってむくみが加速し、体型が変わってしまう可能性がありますので、運動量を増やしたり、適度にストレッチやマッサージを取り入れていくのがおすすめです。

 

もしもストレッチやマッサージが効かない(むくみが止まらない)場合は、一時的にミノタブの使用を中止して様子を見るか、別の内服薬に替えて育毛を続けるなどしてみてください。育毛剤などの外用薬を使ったり、AGA外来を受診するなど、薬を使わない育毛方法を選ぶこともできます。

 

利尿剤などを併用して水分の排出を促す

マッサージやストレッチなどのむくみ改善方法を試しているにも関わらず、一向に利尿作用が改善されない場合には、ミノタブの使用を思い切って中断しましょう。

 

そして、薬を処方してもらった病院を再度受診し、医師の診断を仰ぎながら薄毛治療を続けていきましょう。

 

むくみの程度や症状に合わせて、利尿剤などを併用して水分の排出を促すことでミノタブが摂取できる場合もあります。しかし利尿剤の摂取は腎臓に負担をかける可能性もあるため、自己判断で薬を使わないように注意が必要です。

 

利尿剤はインターネット経由でも入手できますが、体を壊す危険もある薬です。ミノタブと組み合わせて使う場合は、必ず医師の診断の元で服用するようにしましょう。

 

体質的にむくみやすい方や、循環機能が弱い方も注意が必要です。

 

ミノタブを使って体型が激変してしまっては問題ですので、少しでもむくみが出た時には使用を中止し、ミノタブに頼らない別の育毛方法を選んでみてください。

副作用のない育毛剤ならこれ!

フィンジア

フィンジア

キャピキシル配合のフィンジアは、今話題のキャピキシルに加え、ピディオキシジルとカプサイシンをブレンドした最新の育毛成分満載の育毛剤です。
キャピキシルという育毛成分は、副作用がなくミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われている成分で、安全で効果の期待できるものです。ミノキシジルタブレットに賭けてみようと思っている薄毛の方にピッタリの育毛剤です。

また、ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれている成分で、ミノキシジルの副作用をなくしたミノキシジルに近い構造となっています。

つまり、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルのデメリットをそぎ落とした現在、発毛効果が最も期待できる成分です。この二つの成分を絶妙な配合をしているのがフィンジアという育毛剤です。

実際、ミノキシジルタブレットからフィンジアに乗り換えて薄毛を改善できたというユーザーもたくさんいますので、期待のできる育毛剤です。


フィンジア




ミノキシジルタブレットはプロペシアと併用することで発毛効果を高めると言われていますが、ミノキシジルもプロペシアも副作用が重篤でとても危険です。

そこで、私がミノキシジルタブレットをやめてフィンジア育毛剤に乗り換えた時に、フィンジアの効果をより高めるために併用している育毛サプリがあります。

併用すると期待値アップ!育毛サプリ

GUNGUN

フィンジアとGUNGUNを併用するとグッド

育毛サプリGUNGUNは、ノコギリヤシが配合されています。ノコギリヤシは、副作用がなくプロペシアに近い効果を発揮すると言われていて、人気の高いサプリメントです。
しかも、ノコギリヤシは薄毛の原因である5αリダクターゼを阻害する作用があります。フィンジアはミノキシジルタブレットの発毛効果を副作用がないものに変え、GUNGUNはプロペシアの副作用がないもの、というイメージを持っていただければわかりやすいと思います。

外側をフィンジアで、内側をGUNGUNで育毛していけば、鬼に金棒といった感じです。

実際、私はこの二つを長年使い続けていますが副作用を感じたことは一度もありませんし、薄毛もミノキシジルタブレットを飲んでいたころよりも改善することができています。(個人の感想です)

GUNGUNの詳細はこちら



フィンジアの詳細はこちら



メニュー

運営者情報

このページの先頭へ