異常に眠気に襲われる?ミノタブを飲んで運転はしちゃダメよ!

ミノキシジルタブレットを初めて飲む方に注意してほしいのが副作用の「眠気」です。慣れてくると大丈夫かもしれませんが、はじめの1ヶ月程度は猛烈な眠気に襲われる可能性があります。運転する前は絶対飲まないように!
MENU

ミノタブを飲んで最初の一ヶ月は眠気に襲われる?

男性の薄毛に効くとされるミノキシジルには、タブレットタイプの製品(ミノキシジルタブレット)があります。

 

ミノキシジルタブレットは数十年にわたって薄毛治療に使われてきた実績がありますが、高い効果が期待できる一方で、注意しなければならない副作用の問題もあります。

 

ミノタブを飲むと一番最初にくる副作用が眠気

ミノタブの副作用の中で、もっとも発症率が高いとされているものが「眠気」です。飲んだ後すぐに眠気に襲われる方もいれば、少し眠くなる程度でほとんど気にならない方もいます。

 

体質やミノキシジルの含有量にもよりますが、ミノタブを飲むようになってから眠気が頻発したという報告は数多くあります。

 

ミノタブを薄毛治療に常用する場合は、仕事中や運転中に眠気が襲ってこないように、時間や飲むタイミングを調整して服用することが大切です。

 

なぜ、眠気に襲われてしまうのか?

ミノタブが眠気を誘発するのは、ミノキシジルに特有の「血管拡張作用」が原因であると言われています。

 

ミノキシジルを服用すると一時的に血管が拡張され、それにともなって血流が改善し、体温がアップします。

 

時間とともに血管は収縮し、血流も元に戻っていきますが、この一時的な体温の上昇によって眠気が誘発されると考えられています。(人間の体は、体温が上がると自然に眠気を催すようになっています)

 

服用するミノキシジルの含有量が増えると、血管拡張作用もさらに強力なものになります。2.5mgと10mgのミノタブでは、副作用の出方も倍ほど変わってきますので、眠気が気になる方は少量のタブレットを服用すると良いかと思います。

 

「ミノタブを飲んでいるだけなのに、眠気が酷くて仕方がない」「このままではミノタブが飲みつづけられない」という意見もみられますが、まずは自分の服用しているタブレットのミノキシジル含有量をチェックしてみてください。

 

5mg以上であれば、より少量のものに替えて様子を見るか、別の内服薬に替えるか、思い切って服用を中止するという方法もあります。

 

飲むタイミングを考えよう(車を運転する時間はNG)

ミノタブのように眠気を誘発する薬は、服用のタイミングが肝心です。夕食の後や睡眠の前など、ミノタブが効き始める頃に眠りに就けるように調節してみてください。

 

反対に、車を運転する時間帯や仕事に集中しなければならない時には、ミノタブの摂取は控えるようにしましょう。

 

ミノキシジルは、たくさん服用すれば効くという薬ではありません。用法・用量を守ったうえで、適切なタイミングを見計らいながら服用を続けていきましょう。

 

ミノタブが続かない場合の対処法

「ミノタブが飲みつづけられないと育毛に支障が出る」と考えている方は多いのですが、実際にはミノタブを飲まなくても育毛を続ける方法はたくさんあります。

 

外用薬を使ったり、シャンプーを替えたり、ブラシの頻度を減らす、生活習慣や食事を改善する、運動やマッサージをして代謝をアップさせる…など、さまざまな工夫によって髪の毛が生えやすい環境となっていきます。

 

逆に言えば、ミノキシジルを使わなければ髪の毛が生えないと思い込むことの方が危険であり、内用薬への依存にもつながってしまいます。

 

ミノキシジルの一日の必要摂取量は決まっており、10mg程度が上限値とされています。(20mgという意見もありますが、おすすめはできません)この上限値を厳守し、薬に依存しないように、他の方法も併用していきましょう。

副作用のない育毛剤ならこれ!

フィンジア

フィンジア

キャピキシル配合のフィンジアは、今話題のキャピキシルに加え、ピディオキシジルとカプサイシンをブレンドした最新の育毛成分満載の育毛剤です。
キャピキシルという育毛成分は、副作用がなくミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われている成分で、安全で効果の期待できるものです。ミノキシジルタブレットに賭けてみようと思っている薄毛の方にピッタリの育毛剤です。

また、ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれている成分で、ミノキシジルの副作用をなくしたミノキシジルに近い構造となっています。

つまり、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルのデメリットをそぎ落とした現在、発毛効果が最も期待できる成分です。この二つの成分を絶妙な配合をしているのがフィンジアという育毛剤です。

実際、ミノキシジルタブレットからフィンジアに乗り換えて薄毛を改善できたというユーザーもたくさんいますので、期待のできる育毛剤です。


フィンジア




ミノキシジルタブレットはプロペシアと併用することで発毛効果を高めると言われていますが、ミノキシジルもプロペシアも副作用が重篤でとても危険です。

そこで、私がミノキシジルタブレットをやめてフィンジア育毛剤に乗り換えた時に、フィンジアの効果をより高めるために併用している育毛サプリがあります。

併用すると期待値アップ!育毛サプリ

GUNGUN

フィンジアとGUNGUNを併用するとグッド

育毛サプリGUNGUNは、ノコギリヤシが配合されています。ノコギリヤシは、副作用がなくプロペシアに近い効果を発揮すると言われていて、人気の高いサプリメントです。
しかも、ノコギリヤシは薄毛の原因である5αリダクターゼを阻害する作用があります。フィンジアはミノキシジルタブレットの発毛効果を副作用がないものに変え、GUNGUNはプロペシアの副作用がないもの、というイメージを持っていただければわかりやすいと思います。

外側をフィンジアで、内側をGUNGUNで育毛していけば、鬼に金棒といった感じです。

実際、私はこの二つを長年使い続けていますが副作用を感じたことは一度もありませんし、薄毛もミノキシジルタブレットを飲んでいたころよりも改善することができています。(個人の感想です)

GUNGUNの詳細はこちら



フィンジアの詳細はこちら



メニュー

運営者情報

このページの先頭へ