ミノキシジルタブレットを飲むとガンになるという噂はデマ?!

雨上がり決死隊の宮迫博之さんが胃がんになったことで、ミノキシジルユーザーの間では胃がんの原因はミノキシジルやプロペシアではないか?と噂が立ちましたが実際のところはどうなのでしょうか?
MENU

ミノキシジルタブレットを飲むと癌になるという噂の真相

男性の薄毛に効果的と言われる「ミノキシジル」。しかし近年に入り、ミノキシジルの副作用として噂になっているのが「発がん」のリスクです。

 

宮迫博之の胃がんとミノキシジルは関係なさそう

インターネット上で広まっている噂として、お笑い芸人「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんの胃がんの問題が挙げられます。

 

宮迫さんはかねてから自身の薄毛に悩んでおり、育毛剤のイメージキャラクターにも選出されました。2008年からは育毛剤のPR活動の一環として、「K-BO-BO-プロジェクト」という薄毛治療にチャレンジし始めました。

 

プロジェクトに参加した結果、実際に髪の毛の量が増え、明らかな増毛効果がみられたことから、「育毛剤だけであんなにフサフサにはならない」という疑いの声が挙がっていました。

 

その後、宮迫さんに胃がんが見つかったことで、「育毛のためにミノキシジルの内用薬を使用し、その副作用によって胃がんを患ったのではないか」と臆されるようになったのです。

 

一見もっともな内容にも思えますが、この噂に関しては未だに決定的な証拠がなく、ミノキシジルの成分自体にも発がんのリスクが含まれていないため、直接的な関係は無いと考えられます。

 

胃がんを患うまでの宮迫さんの生活は、不規則な食生活や偏った食事内容、アルコールの摂取などは日常茶飯事であったそうです。

 

人付き合いの関係で飲酒もさかんにしていたようで、日常的に胃に負担をかけていたことが癌を引き起こしたのではないかとされています。

 

芸能人でミノタブを飲んでいそうな人は多そうです。

 

今のところミノキシジルで癌のリスクが高まるという研究結果はない

ミノキシジルを使って癌になるという直接的な関係性は、未だに証明されていません。

 

というのも、ミノキシジルは今から30年以上も前の1980年代から海外で販売され、日本国内においても100万人以上の方が育毛に使用してきました。

 

もしもミノキシジルの内用薬に発がんのリスクがあるならば、使用者の数に合わせて癌患者の数も増えているはずですが、そうした報告は一切されていません。

 

そもそも発がんのリスクが高い製品には厚生労働省からの認可が下りませんので、ミノキシジルと癌については直接の関係は皆無と考えることができます。

 

でも、他の副作用があるので注意!

発がんに関する副作用の心配はありませんが、ミノキシジルには眠気や倦怠感の誘発、体重増加やむくみなどといった副作用の心配はあります。体質によっては動悸や呼吸の乱れ、イライラ感など、肉体・精神ともに不調を感じる場合もあります。

 

癌にならないのであれば飲んでも大丈夫…というわけではなく、あくまでも自分の体調や既往症との相性を見ながら摂取していかなくてはなりません。

 

ミノキシジルには併用禁止薬の問題もあるため、安易に薬を摂取してトラブルにならないよう、注意が必要です。

 

もしもミノキシジルの副作用と思われる症状が出た場合は、すぐに使用を中止して様子を見ることが大切です。含有量を減らした内用薬で治療を続けることもできますし、医師の判断によって外用薬に変更することもできます。

 

副作用の心配がある方や、副作用を避けて安全に育毛にチャレンジしたい方は、事前に医師とよく相談をしながら、体に合った治療法を選択することが大切です。

 

飲み合わせの問題も含め、自己判断での摂取は危険がともないますので、ミノキシジル以外の薬や育毛剤の使用も視野に入れながら薄毛治療に取り組んでいきましょう。

副作用のない育毛剤ならこれ!

フィンジア

フィンジア

キャピキシル配合のフィンジアは、今話題のキャピキシルに加え、ピディオキシジルとカプサイシンをブレンドした最新の育毛成分満載の育毛剤です。
キャピキシルという育毛成分は、副作用がなくミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われている成分で、安全で効果の期待できるものです。ミノキシジルタブレットに賭けてみようと思っている薄毛の方にピッタリの育毛剤です。

また、ピディオキシジルは「ミノキシジル誘導体」とも呼ばれている成分で、ミノキシジルの副作用をなくしたミノキシジルに近い構造となっています。

つまり、キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルのデメリットをそぎ落とした現在、発毛効果が最も期待できる成分です。この二つの成分を絶妙な配合をしているのがフィンジアという育毛剤です。

実際、ミノキシジルタブレットからフィンジアに乗り換えて薄毛を改善できたというユーザーもたくさんいますので、期待のできる育毛剤です。


フィンジア




ミノキシジルタブレットはプロペシアと併用することで発毛効果を高めると言われていますが、ミノキシジルもプロペシアも副作用が重篤でとても危険です。

そこで、私がミノキシジルタブレットをやめてフィンジア育毛剤に乗り換えた時に、フィンジアの効果をより高めるために併用している育毛サプリがあります。

併用すると期待値アップ!育毛サプリ

GUNGUN

フィンジアとGUNGUNを併用するとグッド

育毛サプリGUNGUNは、ノコギリヤシが配合されています。ノコギリヤシは、副作用がなくプロペシアに近い効果を発揮すると言われていて、人気の高いサプリメントです。
しかも、ノコギリヤシは薄毛の原因である5αリダクターゼを阻害する作用があります。フィンジアはミノキシジルタブレットの発毛効果を副作用がないものに変え、GUNGUNはプロペシアの副作用がないもの、というイメージを持っていただければわかりやすいと思います。

外側をフィンジアで、内側をGUNGUNで育毛していけば、鬼に金棒といった感じです。

実際、私はこの二つを長年使い続けていますが副作用を感じたことは一度もありませんし、薄毛もミノキシジルタブレットを飲んでいたころよりも改善することができています。(個人の感想です)

GUNGUNの詳細はこちら



フィンジアの詳細はこちら



メニュー

運営者情報

このページの先頭へ